採用情報|

職種紹介/編集職

専門特化したテーマ別に、ニュースサイトや雑誌・書籍の編集を行います。 知る人ぞ知る面白い知恵や知識をテーマに、最適なコミュニケーションの形に創りあげる仕事です。 具体的には雑誌や書籍といった出版物やWEB・モバイルといったデジタルメディアの企画・取材・編集・校正・進行管理およびそれに付随する関連業務が主な業務内容です。

スタッフの声

個性を大事に!
S.Tさん(2017年入社)
デジタルカメラマガジン編集部 編集
現在の仕事内容

月刊誌『デジタルカメラマガジン』に関わっています。特集ページや新製品レビュー、連載などが担当。企画、ラフの作成、ライターやカメラマンへの発注、編集校正が主な仕事です。他にも細かな仕事がたくさんたくさんあります。

今の仕事のやりがい

ファンに向き合った仕事ができること。雑誌には必ず読者がいます。面白ければ買ってもらえますし、面白くなければ買ってくれません。売上もひとつの目安ではありますが、読者アンケートでの反応やネット上での口コミ、書店での減り具合を意識しています。どうしたらもっと売れるのか、毎号反省を繰り返すプロセスが仕事の醍醐味です。また風景、ポートレート、建築物、天体、動物など、写真を切り口としたものならなんでも、ジャンルにとらわれない仕事ができるのもいいです。あとは校了後の達成感と疲労感。

心掛けていること

1つ目は「個性」を大事にしています。極端なことを言えば、雑誌は文字や写真といった「情報」しかありません。それなのに編集の仕事はいかに「分かりやすく、面白く」訴えることを求められる難しい仕事なので、ライターの個性がにじみ出るようなページを目指しています。編集はあくまでも裏方なので前には立ちませんが、ライターのすぐ後ろには、きっと個性を持った編集者がいるはずです。2つ目は「新奇さ」です。新しいカメラが発表されれば何がどう変わったのか、旧製品とも比較をしながらそのトピックを分かりやすく解説します。今のはおそらく分かりやすい例ですが、たとえばあるページが「これどっかで見たことあるよね」と言われるとなんだかものすごく悔しい。同じ話題でも、同じ写真でも、伝え方や角度を変えれば何か面白いことが起きるだろうと思っていますし、いつも新鮮な気持ちで過ごしています。

入社を決めた理由

いろいろな意味でチャンスの多い会社だから。「専門出版社」と言えどもジャンルが多彩でブランドのある商材が多く、広く・深く自分の知識やスキルを極められると思っていました。他の出版社があまりやらなそうなことをしているのも魅力です。大手出版社にはさすがに及びませんが中堅出版社としてはそこそこ社員も多く、規模感が絶妙。実際に他の編集部や営業などの方の顔も見えるサイズ感で、自分の仕事がダイレクトに返ってくるのが良いです。山と渓谷社、リットーミュージック、MdNなど、各分野のスペシャリストたちが同じ方向を向いて仕事をしている感じがぐっときました。



大好きな猫の写真をひたすら見続けました
F.Aさん(2017年入社)
クリエーション編集部 編集
現在の仕事内容

入社1年目。本の編集を行っています。主に年賀状素材集や、カレンダーなどの季節商材を制作しました。 カレンダーの制作などでは大好きな猫の写真をひたすら見続けることができて幸せでした。 ただ、繁忙期の年賀状業務はとても厳しかったです。研修を受けたとはいえ、実作業の勝手は何も分からないので要領が悪く、進行が押してしまった上に体調をぼろぼろに崩したのはなかなかでした。今年は少しでも要領よく頑張ります!

仕事をするにあたって心掛けていること

普段から色々なものを見て、興味を持ち、人と話すことを心掛けています。周りの人はどんなものが気になっているのかとか、どんな考えなのかとか。まだまだ自分の視野が狭いので、人と話したり出かけたり、とにかく周りから吸収して視野を広げ、それを企画や本に反映できるようにと思っています。

この会社に決めた理由

研究職を目指すか、就職するか悩んでいたので、やりたい業種もなく、ただ漠然と「就職するなら面白そうな会社がいいなー」と思いながら就活を始め、会社説明会で当時の社長がおっしゃった「面白いことを真剣にする」という一言でエントリーを決めました。働くなら面白いことを楽しく真剣にやりたいと思っていたので、方針に共感したのが何よりの志望動機でした。

当面の目標

まずは社内の企画会議で「面白そう」というアイデアを出せることが目標です。企画になるものを「発見」するのがまだまだ苦手なので、近い人たちからでもいいから興味を持ってもらえるアイデアを探し出し、そこから世の中に向けてブラッシュアップできるようにしていくのが目標です。



神保町周辺の大食いランチ情報も仕事にしてしまいました
S.Hさん(2010年入社)
できる編集部 編集
現在の仕事内容

「できるシリーズ」というパソコン入門書シリーズの編集担当として、WindowsやOffice、CADなどのパソコンソフトの入門書の企画と編集を行っています。また、こちらは半分趣味ですが、「できるシリーズ」のホームページ「できるネット」にて、神保町周辺の大食いランチ情報の連載記事を書いています。

インプレスを志望した動機

学生時代からノート職人というか、ノートを綺麗に取るのが好きで、授業中にとったノートをWordで綺麗にまとめてクラスメートに配ったりしていました。そのため、紙面を見やすく作り込む実用書の編集というのは、自分にとって天職のような気がして、志望するようになりました。インプレスは、実用書の版元としては大手ですし、山と溪谷社やリットーミュージック、MdNなど専門書版元の連合体みたいな感じで、全然別のベクトルに専門性を持つ人たちが同居しているところが面白いと思って、志望しました。

心掛けていること

心構えということで言うと「自分は何者でもない」という意識を常に持ち続けています。これは新人研修のときに偉い人から教えていただいたことで、調子のいいときにもおごらず、変に自分の分野を絞らず、常にひたむきな姿勢で何事にも精一杯ぶつかることが仕事の上で一番大切なのだそうです。実感としても、確かにそんな気がします。

やりがいを感じる時

「できるシリーズ」はパソコン書の棚ではおかげさまで一定の支持をいただいているのですが、いかんせん競争が激しい棚なので、目先を変えて別の棚で勝負したいと思いました。そこで、シリーズで今まで手がけていなかったCADソフトに目を付けて『できるJw_cad』という書籍を刊行しました。畑違いの棚、しかも後発ということで、制作は難航を極め、時間も相応に掛かりましたが、内容面で妥協せず、作り込みました。その結果、思った以上にヒットして、その年のCAD本で一番よく売れた本となりました。競争の激しいパソコン書棚では見えにくくなっていた「できるシリーズ」の潜在力というものを再認識したのとともに、よく工夫し、丹精込めて本を作れば、しっかり数字も伴うのだと感じることができました。



本来は著者や写真家の頭の中だけにとどまっていた知見を、雑誌や書籍という形にすることで多くの人たちに伝えられる
M.Yさん(2011年入社)
デジタルカメラマガジン編集部 編集
現在の仕事内容

月刊のカメラ・写真専門誌『デジタルカメラマガジン』の編集を担当しています。担当する記事の内容は、特集や連載記事、新製品レビュー、タイアップ記事など多岐にわたりますが、基本的な仕事の流れは同じです。まず、ページ構成やテーマを検討し、それに見合った著者や写真家を選定、執筆してもらいたい原稿内容や撮影してほしい写真をオーダーします。原稿や写真が届いたら、それらを整理して、デザイナーへページイメージを伝えてページを制作してもらうのが次の流れです。その後、デザイナーや著者、写真家とのやりとりを重ねて、イメージ通りのページに仕上がったら完成です。雑誌だけでなく、ムックや書籍などのサイド商品を並行して担当することもあります。

心掛けていること

著者や写真家、デザイナーと、さまざまな人の力を借りながら誌面を作っていきますが、いずれも最初にオーダーするのはこちらの仕事です。オーダーの内容があやふやだと、どんな記事を書けばいいのか、どんな写真を撮ればいいのか、デザインはどうすればいいのかといった混乱を生んでしまいます。目指すべき方向やイメージを、オーダーするときにしっかり相手と共有できるように、分かりやすく丁寧に伝えることを心掛けています。逆に、オーダーがあいまいだと自分でも感じたときは、たいていうまくいきません。

やりがいを感じる時

著者や写真家が持っている知見を、雑誌や書籍という形で具体的な情報に落とし込むことで、本来は著者や写真家の頭の中だけにとどまっていた物事を多くの人たちに伝えられることです。それが、編集という仕事の存在意義であり、この仕事のやりがいだと思っています。著者や写真家は自らの持つ知見が価値のある情報となり、結果として、原稿料や印税という形で収入を得たり、知名度を上げられたりします。また、読者はその知見を雑誌や書籍を通して得ることで仕事や趣味の充実をはかれます。双方が得をすること(その過程で会社も利益を得られること)を、自分が存在することで行えるというのが、この仕事の魅力です。

これからの目標

"売れる"雑誌や書籍をコンスタントに編集できるように実力をつけることです。商業出版を生業としている以上、利益をあげることが最大の目標であることは絶対だと思っています。また、"売れる"というのは、「読者のニーズをしっかり満たしていること」、そして、「構成やタイトル、デザインを通してニーズに応えられる本であることを読者に伝えられていること」の結果であり、編集者としての役割を果たせていることの証左だと考えています。

募集要項

現在、新卒採用は一旦終了しています。
今後再開する場合はエントリーされている方にご連絡いたしますので
ご興味のある方はマイナビサイトよりエントリーをお願いします。 マイナビサイトへ

キャリア採用のエントリーは以下のページから受け付けております。 キャリア採用の詳細へ

職種紹介

  • 編集職
  • 営業職
  • 技術職