ニュースリリース

         

「統計/機械学習」の基礎知識を授業形態で学ぶ講座
『データサイエンス基礎講座<ゲノム/ライフコード編>』を2017年1月17日より開催


インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、データサイエンスに必要な「統計/機械学習」の基礎知識を生物・化学分野に応用し授業形態で講習する『データサイエンス基礎講座<ゲノム/ライフコード編>』を、インプレスセミナールーム(東京都千代田区)にて、2017年1月17日より全5回に渡り開催いたします。
近年ビッグデータ時代を迎え、大量の「データ」を処理・蓄積・保管維持するだけではなく、いかにデータを分類/整理し、新たな規則性と知見を生み出してビジネスイノベーションに結びつけるかに注目が集まっています。同時に、ビッグデータ時代の潮流は、従来のデータ分析から消費行動の把握・誘発から人工知能・IoT・ロボット応用等の「機械学習」へと進化しつつあります。
当社はそのような「データサイエンス、機械学習」の有用性にいち早く着目し、2014年より『データサイエンス基礎講座』を開催して参りました。これまでに「R:手法演習編」、「ビジネスアナリティクス編」、「Real Web Analytics編」の3講座を実施していましたが、この度新たに「ゲノム/ライフコード編」を開講することとなりました。
新たな講座として「ゲノム/ライフコード」を取り上げた背景には、「ゲノム編集」に見られるような、ライフサイエンス分野の急激な進歩が挙げられます。同じく急激に進歩するIT工学/機械学習と融合し、ヒトを含む動・植物の身体的な特徴/寿命さえも変更できるような時代に入って来ています。
本講座では、こうした「機械学習・AI」と「ゲノム」と言う、今後社会システム・価値観をも激変させる2つの要素を注目し、「統計/機械学習」というデータサイエンスに必要な知識を、生物や化学の観点から習得することを目的としています。生物・化学の分野で業務をする方はもちろん、「ゲノム情報の大規模解析プロジェクト」というビジネスプロセスに沿った講義により、他分野の方でも「機械学習」の代表的手法や実務応用の知見拡大を図ることが可能です。生物・化学の分野に自信の無い方のために、講座内で高校生物・化学の基礎知識の復習、遺伝子/ゲノムとコンピュータの類似性やゲノムの塩基構造を解説します。
本講座では「R」と「Python」を使用し、基礎的な統計から代表的な機械学習の手法を解説します。講義・演習では基礎的な「統計/機械学習」の手法を利用して、仮想の遺伝子/ゲノム環境のメカニズムを解析し、機械学習の理解を深めることを目指します。

■ 受講対象者

データサイエンス及び機械学習に興味のある方、情報システム部門、企画部門、設計・製造部門、研究開発部門、データ活用部門・事業部門、セールス/マーケティング部門、 品質管理やリスク管理部門、サービスプロバイダー/ITベンダー、ヘルスケア、食品、グリーンバイオ関連、バイオ産業及びバイオ関連企業、 医療関係、農林水産業で研究開発・事業部門等で機械学習に興味・利用のある方。

■ 講座の概要

講座名:『データサイエンス基礎講座<ゲノム/ライフコード編>』
日時:1月17日(火)、1月18日(水) 、1月19日(木)、1月24日(火)、1月31日(火) 全5回
   19:00~21:00(各回120分)
場所:東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング23階
インプレスグループセミナールーム
受講料:58,000円(税込)/1人
定員:50名
申し込みページURL: https://www.impressbm.co.jp/event/datascientist201701/index.html

■ メイン講師の紹介

株式会社Rhelixa 代表取締役社長 仲木 竜 氏
東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。 計算生物学者。
次世代シーケンサーより得られた大規模ゲノム・エピゲノムデータの専用解析アルゴリズムの開発・応用を専門とする。2015年2月に株式会社Rhelixaを設立。

『データサイエンス基礎講座<ゲノム/ライフコード編>』

■ カリキュラムの詳細

1限目:1月17日(火) 19:00~21:00(120分)
  • 高校生にも分かる生物/遺伝子・DNA・ゲノムの違い
  • 塩基情報配列とコンピュータ
  • ゲノムとコンピュータの類似性(アデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C):1word/20進法、組み合わせ、機械学習の利用範囲)
  • 次世代シーケンサとは
  • エピゲノム
  • 新世代のゲノム事情
2限目:1月18日(水) 19:00~21:00(120分)
テーマ:【演習】<統計/機械学習編>
  • R、Pythonの解説、ダウンロード
  • 統計/機械学習の違い
  • 学習可能性と仮説推定
  • 教師なし学習:混合ガウスモデル
  • 主成分分析:独立成分分析、グラフィカルモデル
  • 教師あり学習:ブースティング/サポートベクターマシン
3限目:1月19日(木) 19:00~21:00(120分)
テーマ:【演習】<機械学習編>
*「ゲノム情報の大規模解析プロジェクト」の仮想定
  • 学習可能性と仮説推定
  • 教師なし学習の利用
  • 主成分分析の利用
  • 教師あり学習の利用等
4限目:1月24日(火) 19:00~21:00(120分)
テーマ:【演習:まとめ】
  • 次世代ゲノムシーケンサについて
  • ゲノム解析用プラットフォームのデモ
  • 全体のまとめ
5限目:1月31日(火) 19:00?21:00(120分)
テーマ:【事例研究・講演】
講師:経済産業省 生物化学産業課
講演テーマ:「スマートセルインダストリー時代の幕開け」
~生物データの活用が拓く新産業~

【参考】

現在、インプレスでは、「データサイエンス基礎講座」として、「R:手法演習編」、「ビジネスアナリティクス編」、「Real Web Analytics編」の3タイプを実施しています。合わせて、FinTech関連として「ブロックチェーン基礎講座」を実施しています。データ分析担当者だけではなく、情報エンジニアリング部門、新規事業部門、品質管理部門の方々、先端外資系ITベンダー等、幅広い各層の方が参加し、毎回・満席の50名前後が受講しております。
以上
【株式会社インプレス】 http://www.impress.co.jp/
シリーズ累計7,000万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。
【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。
【本件に関するお問合せ先】
株式会社インプレス 広報担当:丸山
TEL:03-6837-5034 E-mail: pr-info@impress.co.jp URL: http://www.impress.co.jp/