ニュースリリース

         

事業化フェーズに入ったHEMS/BEMS/MEMSの実践的解説セミナー 6月19日(木)開催

HEMS/BEMS/MEMS事業は軌道にのるのか、ビジネスモデルの展望と課題を説く!

インプレスグループで企業向けIT関連メディア事業を手がける株式会社インプレスビジネスメディア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中村照明)は、スマートグリッド専門メディア『インプレスSmartGridニューズレター』主催によるHEMS/BEMS/MEMSの実践的解説セミナーを、6月19日(木)に開催いたします。

3.11東日本大震災以降の、今後の日本の電力・エネルギーのあり方の検討や課題解決のなか、政府の助成金などの投入とも相まって、スマートハウス(HEMS)、スマートビル(BEMS)、スマートマンション(MEMS)、スマートコミュニティ(CEMS)などが次々に開発され、新しいプラットフォームの構築やビジネスモデルが次々に提案されています。

本セミナーでは、こうした事業化フェーズに入ったHEMS/BEMS/MEMS について、どのような機器をどのようなソフトと組み合わせて動作するかを実践的に解説し、今後の動向を見ていきます。同時に、スマートハウスやスマートマンションの新しい領域におけるビジネスの展望とそのビジネスモデルや課題も見ていきます。

冒頭の講演では、HEMS/BEMS/MEMSコンサルタント 奥瀬俊哉氏にご登壇いただきます。「スマートハウス/スマートマンションの市場動向と支える技術(プラットフォーム)」と題して、氏が自ら体験しているスマートハウス/スマートマンションを構築する技術(特にプラットフォーム)を、ハードウェアのデモンストレーションを交えながら、HEMS/BEMS/MEMS市場の可能性を見ていきます。

続いて、株式会社ユビキタス 執行役員の長谷川聡氏に、「クラウド連携によるスマートライフ・新ビジネスの可能性」と題して、ユビキタスが実際に展開しているサービスや、研究開発中の次世代xMSサービスを紹介していただきながら、クラウド連携やエネマネ機器以外の接続により実現できる、スマートライフや新たなビジネスモデルの可能性について考えていきます。最後に、株式会社ユビキタス 事業企画部 小林大悟氏に「スマートハウス/スマートマンション対応機器開発の技術的課題への対応」をテーマに、特に通信技術の観点を中心にこれらの課題とその対応を紹介していただきます。

インプレスビジネスメディアでは『インプレスSmartGridニューズレター』主催セミナーの開催を通じて、M2M/IoTをはじめとしたICT関連技術の標準化や最新動向、さらにビジネス成功の一助となる情報を発信することで、企業の開発や活用を促進し、市場拡大・活性化に貢献してまいります。



「インプレスSmartGridニューズレター」主催セミナー
「事業化フェーズに入ったHEMS/BEMS/MEMSの実践的解説セミナー」

【開 催 概 要】
テーマ HEMS/BEMS/MEMSの最新動向とビジネス展望
日時 2014年6月19日(木) 13時~17時(12時30分受付7開始)
受講対象 ・HEMS/BEMS/MEMSに携わっている企業の技術開発部門の方々
・HEMS/BEMS/MEMSのアグリゲーター企業の方々
・電力会社、ガス会社のサービス開発部門の方々
・スマートコンセントメーカーの方々
・分電盤メーカーの方々
告知サイト http://www.impressbm.co.jp/event/sgnl_20140619/
会場 インプレスグループ市ヶ谷セミナールーム(市ケ谷駅から徒歩約3分)
東京都新宿区市谷本村町1-1 住友市ケ谷ビル 9階
http://office.sumitomo-rd.co.jp/building/detail/shinjyuku/sumitomoichigaya/
受講料 ■一般のお客様 25,000円(税別)
【受講特典】本誌2号分送付
■SmartGridニューズレター 定期購読中のお客様 22,500円(税別)
※ 10%OFFご優待価格
主催 株式会社インプレスビジネスメディア 『インプレスSmartGridニューズレター』
定員 30名(先着)
問い合わせ先 TEL:03-5275-9040
Email:customer@impressbm.co.jp
株式会社インプレスビジネスメディア マーケティング局 事業推進部

講演内容・タイムテーブル ※各講演とも質疑応答時間を含みます



【講演1】 13:05~14:40

スマートハウス/スマートマンションの市場動向と支える技術(プラットフォーム)
=プラットフォームを構築するハードウェアのデモンストレーション付き=

奥瀬俊哉氏

講師:HEMS/BEMS/MEMSコンサルタント 奥瀬俊哉氏

政府のHEMS、BEMS、MEMSへの補助金制度で各社が実証レベルでスマートハウスやスマートマンション関連のビジネスを展開したり、現在進行中であったりするが、実際には本当の意味で事業化に結びつくかどうか各社の課題となっている。

ここでは、講師自ら体験しているスマートハウス/スマートマンションを構築する技術(特にプラットフォーム)を、プラットフォームを支えるハードウェアのデモンストレーションを交えて見ていきながら、その市場の可能性を見ていく。

<デモ内容について>
○ サービスゲートウェイと2台のECHONETLiteアダプタに電気錠、蓄電池を接続、そ の他にCTアダプタとPoE温度/湿度センサーアダプタでシステムを構成
○ この構成をECHONETLiteコントローラアプリケーションを搭載したタブレット端末 から、電気錠の開閉制御、蓄電池の状態監視、CTアダプタで測定された電気の見 える化を確認する。

【講演2】 14:50~15:55

クラウド連携によるスマートライフ・新ビジネスの可能性

長谷川聡氏

講師:株式会社ユビキタス 執行役員
スマートソリューション事業部長 長谷川聡氏

HEMS/MEMSにおける、ホームネットワーク内でのエネマネ機器連携だけでは、消費者も事業者も、得られるメリットや普及には限界がある。ユビキタスが実際に展開しているサービスや、研究開発中の次世代xMSサービスを紹介しながら、クラウド連携やエネマネ機器以外の接続により実現できる、スマートライフや新たなビジネスモデルの可能性について考えていく。

【講演3】  16:00~17:05

スマートハウス/スマートマンション対応機器開発の技術的課題への対応

小林大悟氏

講師:株式会社ユビキタス 事業本部
事業企画部 マネージャー 小林大悟 氏

HEMS/MEMS、ホームコントロール、セキュリティ...など、付加価値をつけるスマートな機器の開発が各社で盛んに行われている。一方で、単一の住宅設備を開発してきた企業にとっては、通信技術、サービス・アプリ開発、他社機器との連携など様々な課題を解決する必要がある。ここでは、特に通信技術の観点を中心にこれらの課題とその対応を紹介していく。

【株式会社インプレスビジネスメディア】 http://www.impressbm.co.jp/
インプレスビジネスメディアは、企業内で情報コミュニケーション技術を活用する方々を対象に、様々なIT関連専門メディアの運営と、読者データベースを基に 属性別に最適な情報をお届けするターゲットマーケティング事業を展開しています。また、これらに付随するコンファレンス、セミナーの企画運営や、各種出版 物の制作など、様々なIT関連ソリューションを提供しています。

【インプレスグループ】 http://impress.jp/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。 「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

【本件に関するお問い合せ先】
株式会社インプレスビジネスメディア マーケティング局 担当:村田
〒102-0075 東京都千代田区三番町20番地 TEL:03-5275-9040 FAX:03-5275-8089
電子メール:customer@impressbm.co.jp、URL:http://www.impressbm.co.jp/