ニュースリリース

         

株式会社インプレスコミュニケーションズは株式会社ガリバープロダクツと提携し、
社会科学・実用・文学関連分野の取り扱いを開始します。

インプレスグループで出版物販売、電子出版発行を手掛ける株式会社インプレスコミュニケーションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大)は、2013年10月、株式会社ガリバープロダクツ(本社:広島県広島市中区、代表取締役:通谷 章)と提携、同社発行の書籍『わたしの人生』、『続・わたしの人生』の電子版を、Amazon Kindleストア、紀伊國屋書店オンラインストアほか、主要電子書店にて順次発売いたします。

インプレスコミュニケーションズは、グループ内外を問わず幅広い出版社との協業に注力しており、クロスメディア・パブリッシング(ビジネス関連)をはじめとして、ブルーロータスパブリッシング(健康・美容関連)、ACJマガジンズ(女性実用・趣味関連)、HANA(語学関連)、マイルスタッフ(生活一般・グルメ関連)、エス・エム・エス(医療・看護・介護関連)の計6社と提携しました。新しい出版社の発掘を行い、パートナー出版社として支援し、出版分野を拡大しています。

『わたしの人生―ふるさと・家族を想う』(電子版)

『わたしの人生―ふるさと・家族を想う』(電子版)

通常価格:800円
電子版発売日:2013年10月7日
発行:株式会社ガリバープロダクツ
発売:株式会社インプレスコミュニケーションズ

※紙書籍は2012年10月29日に株式会社ガリバープロダクツより発売しております。

【本書の紹介】
広島県福山市に育ち39年間高等学校教員として勤めた著者が、子ども時代から結婚・子育て、70歳の今に至るまでを振り返りました。五右衛門風呂や水車踏みなど、よみがえる懐かしい暮らしの風景。また、多趣味で物知りな父、心の支えだった祖父母、やさしい夫、そして、書くことで気付いた母へのこだわり。古き良き昭和の時代を舞台に、家族への思いが綴られます。夫の死の悲しみの中で、喜びを感じた体験をノートに記すことを始めた著者。著者が悲しみを癒すための当エッセーが、読者にとってもそれぞれの「家族の愛」を再確認する体験となるに違いありません。一人一人の命を大切にしようと皆が願い、助け合いながら生きた時代。核家族化が進み、祖父母や親戚とのつながりが希薄になりつつある今、ふるさとを持つすべての人に手にとっていただきたい一冊です。

『続・わたしの人生―すてきな人たちとの出会い』(電子版)

『続・わたしの人生―すてきな人たちとの出会い』(電子版)

通常価格:800円
電子版発売日:2013年10月7日
発行:株式会社ガリバープロダクツ
発売:株式会社インプレスコミュニケーションズ

※紙書籍は電子版と同日に株式会社ガリバープロダクツより発売しております。

【本書の紹介】
忘れられない人との出会いを、思い出すままにしたためました。学生時代に出会った恩師や友人、教え子や親業のことなど...。人生の中で出会ってきたさまざまな人への感謝を込めて、出会いから得た思いを綴っています。感謝の思いが深まるにつれ、自分にも相手にも寛容になっていく。好きという気持ち、ありがとうという気持ちを改めて考えさせられる1冊です。