ニュースリリース

         

「『スマートデバイスが生む商機』出版記念セミナー
 ~iPad 2、Android Honeycombで変わるタブレットコンピューティングとクリエイティブビジネスの世界」を開催

2011年6月7日

インプレスグループでIT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を展開する株式会社インプレスジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:土田米一)は、2011年6月22日にデジタルハリウッド大学大学院にて、まつもとあつし氏の著書「スマートデバイスが生む商機 見えてきたiPhone/iPad/Android時代のビジネスアプローチ」の出版記念セミナーを開催いたします。

「スマートデバイスが生む商機 見えてきたiPhone/iPad/Android時代のビジネスアプローチ」は、iPhoneやiPad、Android端末に代表される「スマートデバイス」の導入により、ビジネスの現場に起こり始めている変化の実態と展望を分析した書籍です。営業社員3000人にiPadを配付したソフトバンクテレコムをはじめ、電子雑誌アプリを企業のマーケティング戦略に活用するビルコム、激戦区となったゲームアプリ市場に挑むバンダイナムコゲームス、「GALAPAGOS」で独自の端末とサービスを展開するシャープなど、先駆的取り組みの数々から企業とスマートデバイスの焦点に迫ります。

3023_01.jpg
















本書の出版を記念して、「『スマートデバイスが生む商機』出版記念セミナー ~iPad 2、Android Honeycombで変わるタブレットコンピューティングとクリエイティブビジネスの世界」と題したセミナーを、デジタルハリウッド大学大学院にて開催いたします。

本セミナーでは、「スマートフォンやタブレット端末の登場によるプラットフォームの変化が、ビジネスやクリエイティブにどのような影響を与えるのか?」というテーマのもと、筆者のまつもと氏による本書取材時のエピソードやゲストとのディスカッションを通じて、その輪郭を明らかにしていきます。ゲストにはテレビ・ラジオ出演も多数こなすフリージャーナリストの西田宗千佳氏、ゲームを中心としたスマートフォンアプリビジネスの最前線に立つバンダイナムコゲームスの山田大輔氏、スマートフォンアプリの企画・開発に挑戦中のデジタルハリウッド大学大学院現役学生が登場いたします。

本セミナー(定員50名、参加費無料)は、デジタルハリウッド大学大学院のサイトよりお申し込みください。みなさまのご参加を心よりお待ちしております。

■開催概要
日時:2011年6月22日(水)19:30~21:00(開場19:00)
場所:デジタルハリウッド大学大学院 秋葉原メインキャンパス
101-0021 東京都千代田区外神田1-18-13 秋葉原ダイビル7階
定員:50名
費用:無料
主催:デジタルハリウッド大学大学院/インプレスジャパン

●セミナー詳細・申込ページ
http://gs.dhw.ac.jp/event/20110622/


■書籍概要
スマートデバイスが生む商機
見えてきたiPhone/iPad/Android時代のビジネスアプローチ
著者:まつもとあつし
仕様:192ページ/A5正寸判
ISBN:978-4-8443-3023-3
価格:1,575円(本体 \1,500+税)

●書籍詳細ページ
http://www.impressjapan.jp/books/3023
3023B.gif

■著者プロフィール
【まつもとあつし氏】
ネットベンチャー、出版社、広告代理店などを経て、現在は東京大学大学院情報学環に在籍。ネットコミュニティやデジタルコンテンツのビジネス展開を研究しながら、IT方面の取材やコラム執筆、映像コンテンツのプロデュース活動を行っている。DCM修士。著書に「生き残るメディア 死ぬメディア 出版・映像ビジネスのゆくえ」(アスキー新書)、「できるポケット+ iPhoneでGoogle活用術」(インプレスジャパン)など。

松本淳PM事務所[ampm]:http://atsushi-matsumoto.jp/
Twitter:http://twitter.com/a_matsumoto

■ゲストプロフィール
【西田 宗千佳(にしだ むねちか)氏】
1971年福井県生まれ。フリージャーナリスト。得意ジャンルは、パソコン・デジタルAV・家電、そしてネットワーク関連など「電気かデータが流れるもの全般」。主に、取材記事と個人向け解説記事を担当。各種新聞、ウェブ媒体などに寄稿する他、テレビ番組・雑誌などの監修も手がける。近著に「iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏」(エンターブレイン)、「iPhone仕事術!」「クラウド・コンピューティング ウェブ2.0の先に来るもの」(朝日新聞出版)、「美学vs実利 『チーム久夛良木』対任天堂の総力戦15年史」(講談社)などがある。

西田宗千佳のpostscript:http://mnishi.cocolog-nifty.com/
Twitter:http://twitter.com/mnishi41

【山田 大輔(やまだ だいすけ)氏】
株式会社バンダイナムコゲームスにてスマートフォン(iPhone / iPod touch / Android / Windows Phone 7)事業の、コンテンツ企画、マーケティング戦略、プロモーション企画を行う。フランスで欧州向け携帯電話メーカーの業務からキャリアをスタートさせ、バンダイネットワークスにて海外のモバイルコンテンツ市場でのマーケティングやコンテンツ及びサービス企画を行う。2008年のiPhone登場と同時にワールドワイドでのスマートフォン向けコンテンツ関連のビジネスに従事し、2009年のバンダイナムコゲームスと統合以降も関連事業を継続して行い今に至る。

【掛端 俊希(かけはた としき)氏】
デジタルハリウッド大学大学院7期生。はこだて未来大学で情報デザインを学び、現在はデジタルハリウッド大学大学院に在籍。ゲーム・3DCGプログラマとして勉強、制作し、ゲーム業界を目指して就職活動中。2010年度、同大学院課程コンソールゲーム・プロデュースラボにてスマートフォンアプリ「e-sportsトレーニング」を制作。


【デジタルハリウッド大学大学院】 http://gs.dhw.ac.jp/
日本初の株式会社による専門職大学院。21世紀のデジタルコミュニケーション手段を利用し、人類社会に大きな変革を起こす人材を育成することを目的とし、学校教育法の定める専門職大学院として設立。デジタル技術とコンテンツで新しい産業や文化を創造する高度人材の育成、研究を行う。

【株式会社インプレスジャパン】 http://www.impressjapan.jp/
シリーズ4,000万部を突破したパソコン解説書「できるシリーズ」などの書籍や、「DOS/V POWER REPORT」「デジタルカメラマガジン」などの雑誌の発行を行い、IT、PC、デジタル製品等を使いこなすための情報を求める一般消費者向け(B to C)事業として、IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を展開しています。

【インプレスグループ】 http://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

≪本件に関するお問い合せ先≫
株式会社インプレスジャパン 広報担当
TEL:03-5275-9200
E-mail:ij-info@impress.co.jp

「『スマートデバイスが生む商機』出版記念セミナー