ニュースリリース

         

この冬はPC自作で熱くなれ!!
『Windows Vista杯 自作PCの祭典 2008』開催!!
祭典Webサイト(2008年11月21日12:00公開予定):http://www.dosv.jp/contest/vistacup/

2008年11月21日

 インプレスグループでIT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を展開する株式会社インプレスジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:土田米一)は、11月21日よりWindows Vistaを使った自作PCを対象としたユーザー参加型企画、「Windows Vista杯 自作PCの祭典 2008」を開催します。
 本大会は、インプレスジャパンが発行する月刊PC情報誌「DOS/V POWER REPORT」の誌面連動企画で、同誌のWebサイトである「www.dosv.jp」にて展開されます。開催にあたり、秋葉原特化型PCパーツニュースサイト「AKIBA PC Hotline!」の協力、ならびにマイクロソフト株式会社の後援、また自作PC業界をリードする多数のメーカーの協賛を得ています。

Windows Vistaの発売から約2年。この新しいOSに刺激を受けて活性化したPC自作市場は、その勢いを落とすことなく、幅広い層が楽しめる趣味として市場により強く根付いた感があります。

 あるユーザーは自分にジャストフィットするマシンを手に入れるため、またあるユーザーは最新パーツをいち早く使うため、さらには純粋に究極の性能を追い求めて・・・・・・。PCを自作する理由は人によりさまざまです。しかし、多くのユーザーが自らの手で組み立てた1台に強いこだわりを持っていることに変わりはありません。そして、その自作ユーザーのこだわりの中からPC業界の新しいトレンドが生まれてきています。テレビ録画、静音、省電力、デュアルコアCPU、クアッドコアCPU、SSD、64bit OS・・・・・・現在では、店頭に並ぶ大多数のPCで採用されるようになったWindows Vistaにまっ先に注目したのも自作PCユーザーでした。

その自作ユーザーのみなさんは現在どのようなVistaマシンを使っているのでしょうか? 「Windows Vista杯 自作PCの祭典 2008」は、各ユーザーが自慢のマシンをWeb上のサイトに登録することで、競い合い、切磋琢磨し、参加者・観客同士が交流する、そんなフィールドです。

 参加は、Windows Vista Ultimate/Business/Home Premiumをインストールした自作PCであれば、どのようなマシンでも構いません。最新パーツを駆使した理想のVistaマシンだけでなく、アイディアと工夫で快適なVista環境を実現した低コストマシン、Vistaのスマートなインターフェースが似合うルックスを持ったマシン、また、ゲームマシンにおいては、ゲーマー向けのキーボード・マウス、AVマシンでは自慢のAV機器とAVルームなど、Vistaマシンを核にした、こだわり環境をアピールするのもOKです。八つに分かれた部門から、好みのものを選んでエントリーしてください。あなたが作り上げた最新形の自作Vistaマシンをお待ちしています。


vistacup.jpg
主催: DOS/V POWER REPORT(株式会社インプレスジャパン)
http://www.dosv.jp/
協力: AKIBA PC Hotline!(株式会社Impress Watch)
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/
後援:マイクロソフト株式会社
http://www.microsoft.com/japan/


協賛: (五十音順)

Antec,Inc

http://www.antec.com/

ASUSTeK Computer Inc.

http://jp.asus.com/

CFD販売株式会社

http://www.kuroutoshikou.com/

Corsair Memory

http://www.corsair.com/

NVIDIA Corporation

http://jp.nvidia.com/

OCZ Technology Inc

http://www.ocztechnology.com/

PINE Technology Ltd.XFX

http://www.xfxforce.jp/

株式会社アスク

http://www.ask-corp.co.jp/

アビー株式会社

http://www.abee.co.jp/

インテル株式会社

http://www.intel.co.jp/

ウエスタンデジタルジャパン株式会社

http://www.westerndigital.com/jp/

エムエスアイコンピュータージャパン株式会社

http://www.mis-computer.co.jp/

株式会社カプコン

http://www.capcom.co.jp/

株式会社クーラージャイアント

http://www.links.co.jp/

クーラーマスター株式会社

http://www.coolermaster.co.jp/

株式会社サイズ

http://www.scythe.co.jp/

株式会社ディラック

http://www.dirac.co.jp/

日本AMD株式会社

http://www.amd.co.jp/

日本Shuttle株式会社

http://www.shuttle-japan.jp/

日本エリートグループ株式会社

http://www.ecsjpn.co.jp/

日本ギガバイト株式会社

http://www.gigabyte.co.jp/

日本サーマルティク株式会社

http://www.thermaltake.co.jp/

日本シーゲイト株式会社

http://www.seagate.com/www/ja-jp/

 


【募集部門】
参加者は、エントリー時に任意の参加部門を選ぶことができます。部門ごとにもっとも優れていると判断されたマシンに部門賞が贈られます。各部門の参加条件の詳細は祭典Webサイトをご覧ください。


<究極パフォーマンス部門>
Vista環境における究極のパフォーマンスを目指す部門です。

<定格パフォーマンス部門>
すべてのパーツを定格で使用して、どこまでパフォーマンスを伸ばせるかを競います。

<コストパフォーマンス部門>
いかに低コストで快適なVistaマシンを実現できるかを競います。ベンチマークスコアだけでなく、「この用途にこだわった」、「ここはとくに快適」というポイントもアピールしてください。

<AV PC部門>
AVマシンとしての完成度を競います。多連装地デジキャプチャマシン、プロジェクタと接続する高画質志向のHTPC、究極のオーディオマシンなど、オーディオとビジュアルをキーワードとしたマシンの完成度を評価します。液晶テレビ、サラウンドシステム、HDDレコーダ、Windows Home Serverとの連係、AVルームなど、Vistaマシンを核としたAV環境も一緒にアピールしてください。

<ゲームPC部門>
ゲーム環境の快適さを競います。各種のアプリケーションによるベンチマークスコアを中心に評価します。このほか、ディスプレイ、サウンドデバイス、マウス、キーボード。ケースなどのゲーミングアイテムも含めた総合的なゲーム環境としての完成度も評価対象とします。お金はかかっていないけど、このゲームはこんなに快適というアプローチもOK!

<勝手にオレが一番!部門>
AV、ゲーム以外のなんらかの分野で、自分のマシンが一番であることをアピールしてください(例:RAW現像マシン、DTMマシン、3DCGレンダリングマシン、エコマシンなど)。ブログ参加では、応募マシンで作成したコンテンツ(写真、CG、動画、サウンド)なども一緒にアピール可。審査員のへのインパクトが強まる!?

<バカPC&痛PC部門>
おもしろかったら何でもいいじゃん! VistaPCをテーマとした笑えるマシンと、萌え系ビジュアルこだわった「痛PC」に贈られる賞

<64bit Vistaの達人部門>
64bit版Windows Vistaの使いこなしかたを競います。「64bit版Vistaはこう使うと便利だ!」、「32bit版よりここがすごい」、「この64bitアプリとこの64bitアプリを組み合わせるとすごいことになる」などあなたならではの利用法をアピールしてください。


【特別賞】
上記の部門にかかわらず、選考基準を満たした優秀なマシンに対して特別賞を多数ご用意しております(こちらは参加者が任意の賞を希望することはできません)。

<Ultimate賞>
Vista Ultimateを使ったUltimateな仕上がりのマシンに贈られる賞。何がUltimateかは応募者しだい!

<神様賞>
自作の神様ことインテル天野氏が本祭典にも降臨! 独自の視点でキラリと光る1台を選びます

<DOS/V POWER REPORT賞>
DOS/V POWER REPORT編集部が選ぶ魅力的なマシンに贈られる賞

<AKIBA PC Hotline!賞> AKIBA PC Hotline!編集部が選ぶ魅力的なマシンに贈られる賞

<DSP版参加賞>
DSP版Vistaで参加された方から抽選で記念品を贈呈


<協賛メーカー賞>
各協賛メーカーのパーツ・ソフトを組み込んだマシンが対象。協賛メーカー製パーツ、ソフトの魅力をとくに引き出していると判断されたマシンに贈られます


【グランプリ】
本祭典実行委員会が全エントリーの中で最高の自作PCと認めた1台に贈られる賞です。


【参加資格】
Windows Vista Ultimate / Business / Home Premium (32bitもしくは64bit)のいずれかを搭載した自作PCであること。

【参加方法】
自分のブログで存分にマシンをアピールする「ブログエントリー」と、ブログをお持ちでない方でも専用フォームから参加できる「Webエントリー」の2種類の参加方法をご用意しています。詳細は祭典Webサイト ( http://www.dosv.jp/contest/vistacup/ )をご確認ください。

※参加方法の違いは選考には影響しません。


【応募期間】
2008年11月21日(金)~2009年1月15日(木)


【DOS/V POWER REPORT】 http://www.dosv.jp/
業界最古参の月刊PC自作情報誌(毎月29日発売)。PCパーツのレビューや性能比較、使いこなし方法の解説、トラブルシューティングなどを中心に、独自の視点で最新のPC自作シーンを深く掘り下げています。

【株式会社インプレスジャパン】 http://www.impressjapan.jp/
シリーズ3,000万部を突破したパソコン解説書「できるシリーズ」などの書籍や、「DOS/V POWER REPORT」「デジタルカメラマガジン」などの雑誌の発行を行い、IT、PC、デジタル製品等を使いこなすための情報を求める一般消費者向け(B to C)事業として、IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を展開しています。

【インプレスグループ】 http://impress.jp/
 株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「医療」「山岳・自然」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

≪本件に関するお問い合せ先≫
株式会社インプレスジャパン 広報担当
TEL:03-5275-9200
E-mail:ij-info@impress.co.jp
自慢のマシンをWeb上で競い合い切磋琢磨する交流の場を提供