お知らせ・ニュースリリース

シェア このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
  • ニュースリリース
  • 出版/電子出版

撮影名所のポイントをイラストで分かりやすく解説! 日本全国の自然風景から神社仏閣まで迷わずきれいに撮れる絶景ガイド 『図解で分かる名所の撮り方』を3月23日(水)に発売

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、名所撮影のコツをイラストと写真で分かりやすく解説した『図解で分かる名所の撮り方』を2022年3月23日(水)より書籍および電子版で発売します。

図解で分かる名所の撮り方

日本各地にある観光名所は絶好の撮影スポットですが、どうすれば美しく撮影できるのか、分からないという声をよく耳にします。そこで初めて訪れた場所でも迷わないための撮影ガイドを刊行します。写真だけではなく、撮影現場の状況を詳細なイラストで再現し、被写体をどこからどんな角度でどう切り取るのか、まるで現地にいるかのような視覚的に分かりやく解説。確実に押さえておきたい場所を地図で確認しながら逃さず撮れるのも大きな特長です。写真を始めたばかりの方でも、本書を読むだけでプロと同じような絶景写真を撮るためのコツが分かる仕組みになっています。

■『図解で分かる名所の撮り方』の特長

●名所の撮り方をイラストと写真で分かりやすく解説! イラストによる図解と実際撮影された写真がセットになっているのでひとめで仕上がりイメージが確認できます。その他、おすすめの撮影時期や時間帯、必要なレンズや三脚の有無、アクセス方法なども紹介しています。

図解で分かる名所の撮り方●定番と個性的、さまざまなバリエーションが撮れる! マップ上に撮影ポイントを掲載し、現地に行っても迷わないように行動範囲を事前に把握できます。名所ごとに3~4つのポイントを解説します。定番はもちろん、プロならではの個性的なアプローチも学べます。

図解で分かる名所の撮り方

●撮影に役立つ情報も多数収録! 名所の撮り方だけでなく、最低限押さえておきたい撮影の基本やおすすめの持ち物リストを紹介しています。初心者でもすぐに旅に出掛けられる内容です。

図解で分かる名所の撮り方

●日本全国24カ所の名所を厳選! <東日本>美瑛(北海道)/銀山温泉(山形県)/伊豆沼(宮城県)/袋田の滝(茨城県)/東京タワー(東京都)/野島埼灯台(千葉県)/ 新倉山浅間公園(山梨県)/ビーナスライン(長野県)/星峠の棚田(新潟県)/富士山(静岡県)/四日市コンビナート(三重県)/東尋坊(福井県)
<西日本>熊野古道(和歌山県)/東大寺と奈良公園(奈良県)/ 伊丹空港(大阪府)/神戸ポートタワー(兵庫県)/ 鳥取砂丘(鳥取県)/ 岡山城(岡山県) / 鞆の浦(広島県)/高屋神社(香川県)/ 瀬戸内しまなみ海道(愛媛県)/平尾台(福岡県)/鍋ヶ滝(熊本県)/高千穂峡(宮崎県)

■書誌情報

図解で分かる名所の撮り方書名:図解で分かる名所の撮り方
著者:木村琢磨 著/嶋田拓朗 イラスト
発売日:2022年3月23日(水)
ページ数:160ページ
判型: 四六判
定価:1,980円(本体1,800円+税10%)
電子版価格:1,980円(本体1,800円+税10%) ※インプレス直販価格
ISBN:978-4-295-01367-9
◇インプレスの書籍情報ページ:https://book.impress.co.jp/books/1121101115
◇Amazonの書籍情報ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/4295013676

■著者プロフィール

<写真・文>
木村琢磨(きむら たくま)
1984年、岡山県生まれ。はち株式会社代表取締役。岡山県在住のフリーランスフォト&ビデオグラファー。広告写真スタジオに12年勤務したのち独立。主に広告写真(風景・料理・建築・ポートレートなど)を撮影。ライフワーク・作家活動として岡山の風景を撮影。12mのロング一脚BiRodやドローンを使った空撮も手掛ける。イベントやカメラメーカー主催のセミナーで講師としての登壇実績も多数。デジタルカメラマガジンにて「図解で分かる名所の撮り方」を連載中。主な著書に『風景写真の7ピース 撮影イメージがひらめくアイデアノート』(インプレス)がある。

<イラスト>
嶋田拓朗(しまだ たくろう)
1985年、千葉県生まれ。グラフィックデザイナー、アートディレクター。デザインマネジメントによるデザイン戦略、手法を柱とするデザイン会社で、CI、BI、VIなどのブランディングの他、パッケージやグラフィック、Webなど幅広く制作の経験を積み、2017年よりフリーランスとして独立。企業が持つ商品のブランディングやその顔となるパッケージ、販売促進に関わる各種コンテンツなど、企画・戦略から制作までを手掛けている。

以上

本件に関するお問合せ先

株式会社インプレス 広報担当:丸山

※在宅勤務中につき、お問合わせはメールにてお願いいたします。

このリリースのダウンロード[PDF]: 20220323-02.pdf