お知らせ・ニュースリリース

シェア このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
  • ニュースリリース
  • 出版/電子出版

宇宙は暑いの? 寒いの? ロケットはなぜ上に飛ぶの? 今さら人には聞けない基本がわかる 『人類がもっと遠い宇宙へ行くためのロケット入門』7月15日発売

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、宇宙の常識とロケットのしくみがわかる宇宙入門書『人類がもっと遠い宇宙へ行くためのロケット入門』を2021年7月15日(木)に発売いたします。

人類がもっと遠い宇宙へ行くためのロケット入門

■宇宙産業がますます活況を見せる今こそ読みたい、宇宙とロケットの基本がわかる入門書籍

この秋、JAXAでは13年ぶりに宇宙飛行士を募集することが発表されました。宇宙旅行を計画している著名人が話題になり、民間の宇宙旅行予約が開始されるなど、今まで遠い存在だった宇宙が、現実の世界として身近になりつつあります。近い将来には、飛行機に乗るのと同じように、私たちがロケットに乗り込む日がやってくるかもしれません。

本書は、宇宙の基礎知識やロケットのしくみを、写真やイラスト、図解で分かりやすく解説した「宇宙とロケットの入門書」です。 

宇宙は暑いのか、寒いのか。無重力とはどんな状態なのか。宇宙服を着ないで宇宙に放たれると、どうなってしまうのか......、そもそも宇宙とはどんなところなのか。そして、私たちが乗り込もうとしているロケットはどういう原理で飛んでいるのか。そんな素朴な疑問に対する答えが、専門知識がなくても分かりやすいように描かれています。

著者には「はやぶさ」プロジェクトにも携わったロケットエンジン開発のトップランナー、東京大学大学院准教授・小泉宏之氏を迎え、ページを繰るごとに宇宙への興味とワクワクが止まらなくなる1冊となっています。

■身近な宇宙から、月を越え、太陽系を越え、人類はもっと遠い宇宙へ―

本書の第1章は、私たちが生活の中で役立てている人工衛星の話や、太陽系の惑星の話など、身近な話題から始まります。第2章ではロケットが飛ぶ原理をしっかり学び、第3章、第4章と進むにつれ、話題は月、火星、木星、土星、そして太陽系を越えて未知の惑星へ。地球を起点として、徐々にスケールが広がっていく構成は、人類がいつか自由に遠い宇宙まで行き来できる未来を想像させてくれます。宇宙、ロケットのしくみや宇宙の原理を学ぶには難しい公式や物理の知識にふれる必要がありますが、本書ではイラストや図解でわかりやすく解説しました。

(誌面紹介)

人類がもっと遠い宇宙へ行くためのロケット入門

私たちの暮らしの中の宇宙

人類がもっと遠い宇宙へ行くためのロケット入門

宇宙は暑いの? 寒いの? 

人類がもっと遠い宇宙へ行くためのロケット入門ロケットはどう飛ぶ?

人類がもっと遠い宇宙へ行くためのロケット入門現在も使われている100年前のロケット公式

人類がもっと遠い宇宙へ行くためのロケット入門月の近くに宇宙工場をつくろう!

■好評につき特典キャンペーン延長決定!早期購入で電子版PDFをプレゼント

予約キャンペーン好評につき、早期購入でも特典が得られるキャンペーン延長が決定! 2021年8月14日(土)までにAmazon.co.jp等のオンライン書店やお近くの書店で本書を購入し、キャンペーンにお申し込みいただいた方を対象に、本書の電子書籍(PDF版)を提供いたします。本キャンペーンは以下の特設ページからお申し込みいただけます。

<早期購入キャンペーン特設ページ>
https://book.impress.co.jp/readers_entry/9784295011712yoyaku.html
キャンペーン対象期間:2021年8月14日(土)のご購入分まで

■書籍の詳細

人類がもっと遠い宇宙へ行くためのロケット入門書名:人類がもっと遠い宇宙へ行くためのロケット入門
著者:小泉宏之
発売日:2021年7月15日(木)
ページ数:160ページ/サイズ:A5判
定価:1,980円(本体1,800円+税10%)
電子版価格:1,980円(本体1,800円+税10%)※インプレス直販価格
ISBN: 978-4-295- 01171-2
◇Amazonの書籍情報ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/4295011711
◇インプレスの書籍情報ページ:https://book.impress.co.jp/books/1120101108

■目次

はじめに
1章 宇宙ってどんなところ?
すごく身近になってきた宇宙/人工衛星は落ちながら飛んでいる!/広い! 宇宙の大きさを実感したい/宇宙の2大特徴は「真空」と「無重量」/宇宙は暑いの? 寒いの?
Column ロケットスーパースター列伝(前編)宇宙飛行の父たち ―ツィオルコフスキーとゴダード
2章 宇宙にどうやって行く?
宇宙へ飛び立つロケットのはなし/ツィオルコフスキー博士のはなし/多段式ロケットのはなし/化学エネルギーのはなし/ロケット再利用がひらく未来
Space Album 「ファルコン9」の打ち上げ/「サターンV」のエンジンと「アメリカ宇宙開発の父」
3章 宇宙で何をする?
宇宙でできることいろいろ/GPSで位置がわかるしくみ/人工衛星のきほんのき/電気推進はすごい、オール電化衛星もすごい/月のことを知りたい! 水岩石地形
Column ロケットスーパースター列伝(後編)電気推進の父 ―アーネストストゥリンガー
4章 宇宙はどこまで行ける?
月からもっと遠くの宇宙へ/イオンエンジンで小惑星へ/火星のことをもっと知りたい/巨大ガス惑星と生命の可能性/スイングバイで太陽系外へ
Space Album 探査機「ジュノー」が撮影した木星の南極/探査機「カッシーニ」が撮影した土星の衛星
5章 宇宙と人間のこれから
宇宙ではたらくという未来/手のひらの上の宇宙「超小型衛星」/ベンチャー企業が担う 宇宙の未来
Space Album  ISSから放出されたキューブサット
おわりに/参考文献/INDEX

■著者プロフィール

小泉 宏之(こいずみ ひろゆき)
1977年東京都生まれ。2002年東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻修了。2006年博士(工学)(東京大学・論文博士)。2003年同大学大学院研究科助手。2007年JAXA宇宙科学研究所助教、2011年東京大学大学院工学系研究科准教授などを経て、2015年より同大学大学院新領域創成科学研究科准教授。「はやぶさ」イオンエンジン運用および帰還時のカプセル回収隊の本部班としてオーストラリアでの回収に従事。小型衛星に用いるイオンエンジンなど推進系の世界最小クラス開発のトップランナー。小型衛星プロジェクトやベンチャー企業における開発にも携わる。

以上

本件に関するお問合せ先

株式会社インプレス 広報担当:丸山

※在宅勤務中につき、お問合わせはメールにてお願いいたします。

このリリースのダウンロード[PDF]: 20210715-01.pdf