お知らせ・ニュースリリース

シェア このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
  • ニュースリリース
  • ネットメディア・サービス

Minecraftゲーム内ストアに、日本のホラーを再現した 「恐怖の妖怪寺」の出品を開始!

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、人気のサンドボックス型ものづくりゲーム『Minecraft』のゲーム内ストア(https://marketplace.minecraft.net/)において、新たなコンテンツ『恐怖の妖怪寺』の出品を開始いたしました。

恐怖の妖怪寺

当社は、2018年1月より日本国内の法人として初めて、『Minecraft』のゲーム内ストアにおいてコンテンツの出品を開始し、現在までに27作品を販売。日本人ならではの繊細な感性で作られた作品は海外からも高い評価を受け、順調に売上を伸ばしています。今回、Japan Crafters Unionのプロデュースの元、『日本ローグライク協会』制作のコンテンツ『恐怖の妖怪寺』の販売を開始しました。

■『恐怖の妖怪寺』の概要

日本の能面や般若、ひょっとこなどをモチーフとした化け物が登場する妖怪寺のワールドです。恐ろしくもかっこいい骸骨武者が刀を振るモーションなど細部にこだわって作り込んでいるほか、妖怪寺には謎解き要素もあり、ゲームとしても遊び甲斐があります。

恐怖の妖怪寺恐怖の妖怪寺恐怖の妖怪寺恐怖の妖怪寺恐怖の妖怪寺

【Minecraft クリエイターチーム『日本ローグライク協会(Japan Roguelike Association)』について】

恐怖の妖怪寺

日本ローグライク協会は、何度も遊びたくなるような深みのあるコンテンツを提供するというコンセプトの元で活動する、懲頭似潜(こりずにもぐる)によるマップ作製チームです。遊ぶたびに新たな発見のある、没入感たっぷりの世界観を特徴としています。

【Japan Crafters Unionについて】

恐怖の妖怪寺

【日本のMinecraftを世界へ】Japan Crafters Union(https://crafters-union.jp/)は、マインクラフトゲーム内のストアにワールドやスキンパックを出品する、Minecraft公式のプロマインクラフターたちが集まるコミュニティ。日本のマインクラフターたちの技術力や発想を全世界に展開し、日本のクラフター文化を多くの人に伝え、海外からも注目されている。

インプレスでは今後も継続して新たなクリエイターへの支援を進め、出品コンテンツ数を増加し、国内の様々なMinecraft クリエイターの優れたコンテンツを、日本だけではなく世界中のユーザーに届けてまいります。

以上

本件に関するお問合せ先

株式会社インプレス 広報担当:丸山
TEL:03-6837-5034

このリリースのダウンロード[PDF]: 20200729-01.pdf