お知らせ・ニュースリリース

シェア このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
  • ニュースリリース
  • 出版/電子出版

「顔だけ絵師」を卒業したい人のためのお絵描き指南書 『へたっぴさんのための身体の描き方入門 アタリの取り方編』を 11月22日に発売

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、キャラクターをうまく描くためのコツをマンガとイラストで解説した新刊『へたっぴさんのための身体の描き方入門 アタリの取り方編』を2019年11月22日(金)に発売します。

へたっぴさんのための身体の描き方入門 アタリの取り方編

■「顔しか描けない」から卒業するための指南書

漫画家や神絵師に憧れて、絵を描き始めた人が陥りやすいのが「顔だけ絵師」。好きなキャラクターの顔ばかり描く練習をした結果、似た顔しか描けなくなるのです。顔だけ絵師を脱却するには、当然体を描く練習を多くこなす必要がありますが、いざ描いてみると全身のバランスがとれなかったり、そもそも手足などのパーツが描けなかったりと、待ち受ける多くのハードルが描き手のモチベーションをそぎ落としていきます。でもあきらめる必要はありません。ちょっとしたコツを覚えれば、顔を描くのと同じように体も描けるようになるのです。本書では、そんなハードルをできるだけラクに乗り越えるためのコツを、多く取り揃えました。

■お手本を見ながら練習ポイントがわかる

体を描くときの基本が「アタリを取ること」です。しかし、そもそもきちんとしたアタリを取るのが難しいため、多くの人はそこで挫折してしまいます。そこで本書では、全身のバランスのとらえ方から、手や足、胴体などパーツごとの「お約束」まで詳しく解説しました。練習のコツは、すべてお手本となるイラスト上で示しているので、読みながらその場で描いて試すという使い方もできます。また、各章の冒頭では「へたっぴさん」が陥りやすい罠をマンガで解説。楽しみながらお絵描きが上達できる構成になっています。

<本書はこんな人にオススメです>

へたっぴさんのための身体の描き方入門 アタリの取り方編

マンガを読みながら、学ぶ内容が理解できます。

へたっぴさんのための身体の描き方入門 アタリの取り方編

イラストを使って、細かいコツまでしっかりと解説しています。

■目次

INTRODUCTION アタリってなんだろう?
CHAPTER1 アタリで全身をとらえよう
CHAPTER2 顔のアタリを極めよう
CHAPTER3 体のアタリを取ろう
CHAPTER4 首と肩のアタリで差をつけよう
CHAPTER5 腕から手首のアタリを描こう
CHAPTER6 実はシンプルな手のアタリ
CHAPTER7 脚のアタリで個性を出そう
CHAPTER8 意外と簡単。足のアタリ

■書誌情報

へたっぴさんのための身体の描き方入門 アタリの取り方編書名:へたっぴさんのための身体の描き方入門 アタリの取り方編
著者:森永みぐ
発売日:2019年11月22日(金)
ページ数:160ページ
サイズ:B5変型判
定価:本体1,280円+税
電子版価格:1,280円+税 ※11月発売予定 ※インプレス直売価格
ISBN:978-4-295-00747-0

◇書誌情報:https://book.impress.co.jp/books/1118101154
◇書影ダウンロード:https://dekiru.net/press/500747.jpg

■著者プロフィール

森永みぐ
フリーのイラストレーター、漫画家。雑誌や書籍、Webなどでのイラスト、カットから、コラムやレポート漫画など、雑多なジャンルで活動中。現在、専門学校でイラスト講師も担当。著書に『へたっぴさんのためのお絵描き入門 なんでお前は絵が描けないんだ!?』(インプレス)がある。

http://www6.plala.or.jp/MIG/

以上

本件に関するお問合せ先

株式会社インプレス 広報担当:丸山
TEL:03-6837-5034

このリリースのダウンロード[PDF]: 20191121-01.pdf