お知らせ・ニュースリリース

シェア このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
  • ニュースリリース
  • ビジネスメディア

国内初の本格的プロセスマイニング解説書『プロセスマイニング Data Science in Action』を9月17日より電子書籍で発売開始

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、国内初の本格的プロセスマイニング解説書となる電子書籍『プロセスマイニング Data Science in Action』を2019年9月17日(火)に発売いたしました。

プロセスマイニング  Data Science in Action

■日本初、プロセスマイニングの本格的な解説書

これまでに、ビジネスプロセスマネジメント(BPM)やビジネスインテリジェンス(BI)など、業務改革に有効とされるいくつものツールが登場し、大きな注目を集めてきました。一方で機械学習やデータマイニングといったデータを中心とする分析技術が現在注目を集めており、データサイエンティストの活躍の場となっています。

しかしBPMやBIは多くの場合、本来的な成功、あるいはベンダーが主張するような成果をユーザーに提供できていません。機械学習やデータマイニングも、その成果は局所的な領域にとどまっているのが現状です。それは、データをオペレーショナルなプロセス群と関連付け、適切な問いを発せられるようにしていないからです。

BPMやBIのような従来型のモデルに基づくプロセス分析と、機械学習、データマイニングといったデータを中心とする分析技術の間にあるギャップを埋めるのが、プロセスマイニングです。プロセスマイニングは、プロセスを構成するモデルやデータ、システムといった個々の要素の向上ではなく、業務プロセスで生成されるデータに基づき、オペレーショナルプロセス全体を向上させることを目標とします。

またプロセスマイニングは、あらゆる業務領域のプロセス群を向上させる新たな手段を提供します。あらゆるところに遍在するイベントデータをマイニングすることによって、フィクション(仮説)でなく、事実に基づいて問題を診断できるようになります。

本書は、20年にわたってプロセスマイニングの研究を牽引してきた第一人者、Wil van der Aalst(ウィル・ファン・デル・アールスト)博士の研究成果が余すことなく記された、プロセスマイニング・バイブルの日本語版です。プロセスマイニングを本格的に解説した、本邦初の書籍となります。

プロセスマイニングになじみのない読者にも分かりやすいように基礎的な内容のほか、重要な概念についても詳しく解説します。プロセスディスカバリーからオペレーショナルサポートまで、プロセスマイニング全般にわたる内容を1冊で網羅しており、BPM、BIまたはRPAの日常業務を担う方にとっても役立ちます。

■書誌情報

プロセスマイニング Data Science in Action書名:プロセスマイニング Data Science in Action
著者:Wil van der Aalst(ウィル・ファン・デル・アールスト)
監修:青山幹雄(南山大学 教授)
発売日:2019年9月17日(火)
判型:B5判
ページ数:520ページ
電子版価格:7500円+税(※インプレス直販価格)
ISBN:978-4-295-00760-9
書誌情報:https://book.impress.co.jp/books/1119170084

目次

パートⅠ イントロダクション
チャプター1  動的データサイエンス
 チャプター2  プロセスマイニング:失われた連環

パートⅡ 予備知識
 チャプター3  プロセスモデリングおよび分析
 チャプター4  データマイニング

パートⅢ イベントログからプロセスモデルへ
 チャプター5  データの取得
 チャプター6  プロセスディスカバリー:イントロダクション
 チャプター7  高度なプロセスディスカバリーテクニック

パートⅣ プロセスディスカバリーを超えて
 チャプター8  コンフォーマンスチェッキング
 チャプター9  追加の視点のマイニング
 チャプター10 オペレーショナルサポート

パートⅤ プロセスマイニングを開始する
 チャプター11 プロセスマイニングツール
 チャプター12 大量データにおけるプロセスマイニング
 チャプター13 「ラザニアプロセス」の分析
 チャプター14 「スパゲッティープロセス」の分析

パートⅥ 考察
 チャプター15 地図の作成方法とナビゲーション
 チャプター16 エピローグ

以上

本件に関するお問合せ先

株式会社インプレス 広報担当:丸山
TEL:03-6837-5034

このリリースのダウンロード[PDF]: 20191001-01.pdf