お知らせ・ニュースリリース

シェア このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
  • ニュースリリース
  • 出版/電子出版

5Gの産業利用に焦点を当て最新情報を網羅! 『5Gが実現する産業用IoT』[産業ロボット/工場の無線化/自営5G/ローカル5Gが作る巨大市場] を9月24日に発売!

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、5Gの産業利用に焦点を当て、関連する技術・市場トレンドやプロダクト情報、ビジネスモデルなどをまとめた『5Gが実現する産業用IoT[産業ロボット/工場の無線化/自営5G/ローカル5Gが作る巨大市場]』を、9月24日に発売しました。

世界初のスマートフォン(携帯端末)向けの5G(第5世代)の商用サービスが米国や韓国から同時に開始され、本格的な5G/IoT時代が到来しています。一方、日本でも、国内の4モバイルキャリアに、5G無線通信サービスに使用する周波数帯が割り当てられ、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、5Gの本格商用サービスへの取り組みが加速しています。今年秋からは、5Gプレ商用サービスが開始されますが、NTTドコモは9月20日、「5Gプレサービス」を開始しました。

5Gのサービスは、これまでの3G(W-CDMA)や4G(LTE)のようなスマホなどの携帯端末の利用に加えて、「機械を相手にしたIoTデバイス通信」をはじめ、自動車の遠隔運転や工場の5G化など、産業用への応用が重視されています。

5Gは、超高速性(最大20Gbps)だけでなく、IoTデバイスの同時大量接続(100万台/km2)や低遅延性(無線区間の遅延:1ms以下)・超高信頼性などの特徴をもっているため、自動運転車の制御やトラック・建機などの遠隔操縦、ロボット操作にも十分使えると期待されています。

また、5Gの新しい動向として、自営5G/ローカル5Gという、Wi-Fiのような免許不要の周波数帯域での利用とは異なる、エリアを限定して5Gを自営無線として利用できる新しい5Gの無線システムが注目されています。これを利用するための周波数の割当が、今後予定されています。この自営5Gが解禁されると、企業や大学のキャンパスなどは構内用に5Gを敷設したり、工場内の棟ごとに自営網を敷設したりすることも考えられ、巨大市場創出への期待が高まっています。

本書は、『5Gを実現する最新モバイルネットワーク技術2019』(2019年2月20日発売)の続編として、特に産業用の5G/IoTの利用について焦点を当て、MWC19 Barcelonaでの産業用IoTに関する最新動向や、国内外の最新動向の取材をもとに、5Gの市場動向やビジネスモデルをまとめた解説書です。本書の構成は、以下の通りです。

第1章 5Gの商用サービス開始と2050年を展望したモバイル業界の市場動向
=GSMAが「The Mobile Economy 2019」で分析=

第2章 5G向け半導体チップの最新動向と開発状況
=クアルコム、サムスン電子、メディアテック、ファーウェイ、インテル、アップルの動向も分析=

第3章 産業分野に見る5Gの価値:マシンとマシンの接続
=5Gの登場で有線から無線時代への歴史的転換へ=

第4章 5Gで変わるIoTの世界
=5Gによる巨大市場の可能性を示したMWC19 Barcelona=

第5章 世界の自営5G/ローカル5Gを指向した開発状況
=日本メーカーに復活のチャンス到来か=

第6章 5Gモバイル通信におけるセキュリティ
=5Gに特化した問題と通信ネットワーク利用の問題=

本書によって5Gで実現できる産業用IoTの姿を理解していただき、2030年までの技術や市場トレンド、産業用のビジネスモデルを検証して、実ビジネスに役立ていただける一冊です。

<<本書の製品形態、および販売に関するご案内>>

5Gが実現する産業用IoT5Gが実現する産業用IoT
[産業ロボット/工場の無線化/自営5G/ローカル5Gが作る巨大市場]
杉沼 浩司、SmartGridニューズレター編集部[著]

<<製品形態・販売価格一覧 >> 
発売日 :2019年9月24日(火)
価格 :CD+冊子版 95,000円+税 (ISBN:978-4-295-00750-0)
CD版 85,000円+税(ISBN:978-4-295-00751-7)
ダウンロード版 85,000円+税
判型 :A4判
ページ数 :176ページ

詳細、ご注文は右よりご覧ください。 → https://book.impress.co.jp/books/1119501004

以上

本件に関するお問合せ先

株式会社インプレス 広報担当:丸山
TEL:03-6837-5034

このリリースのダウンロード[PDF]: 20190925-01.pdf