お知らせ・ニュースリリース

シェア このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
  • ニュースリリース
  • 出版/電子出版

甲子園で誰よりも勝った男が貫き通した信念―― 高校野球界が誇る名将の半生を綴ったノンフィクション書籍 『一徹――智辯和歌山 高嶋仁 甲子園最多勝監督の葛藤と決断』4月26日(金)発売

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、高校野球界きっての名将・高嶋仁前監督(智辯和歌山)の半生を綴った書籍『一徹――智辯和歌山 高嶋仁 甲子園最多勝監督の葛藤と決断』を2019年4月26日(金)に発売いたします。

一徹――智辯和歌山 高嶋仁 甲子園最多勝監督の葛藤と決断

■甲子園最多68勝――。高校野球界が誇る名将、智辯和歌山・高嶋仁を綴った書籍

2018年に100回大会を迎えた夏の甲子園。その100回の歴史の中で、数々の名勝負、名選手、そして名監督が生まれてきました。そんな長い歴史を誇る甲子園において、誰よりも多くの勝利を収めている監督が、智辯和歌山高校・高嶋仁前監督(現・名誉監督)です。智辯学園、智辯和歌山を率い、春夏の甲子園出場38回、通算68勝はいずれも歴代最多。古希を迎えてもなおグラウンドに立ち続けていましたが、100回大会を最後に惜しまれつつ勇退されました。高校野球界きっての名将・高嶋仁。その半生を綴った書籍です。

■中日・岡田俊哉、日本ハム・西川遥輝ら、総勢50名以上の関係者が知られざる真実を語る

指導者人生48年。最初に赴任した奈良・智辯学園で指導者としての礎を築き、「平成の王者」と言わしめた智辯和歌山での隆盛時代、代名詞となった仁王立ち、翳りが見え始めた中での謹慎、それでも貫き通した信念――。高嶋本人へのロングインタビューを軸に、阪口慶三(大垣日大)、馬淵史郎(明徳義塾)、西谷浩一(大阪桐蔭)などの対戦監督、岡田俊哉(中日)、西川遥輝(日本ハム)などの教え子、故郷・五島列島の仲間や兄弟、和歌山の家族......総勢50名以上の関係者が知られざる真実を語ります。誰よりも高嶋を追い、本人からの信頼も厚い著者・谷上史朗が綴る渾身のノンフィクション作品です。

■書籍の詳細

一徹――智辯和歌山 高嶋仁 甲子園最多勝監督の葛藤と決断一徹――智辯和歌山 高嶋仁 甲子園最多勝監督の葛藤と決断
著者:谷上史朗
価格:本体1,800円+税
電子版価格:1,800円+税 ※インプレス直販参考価格
発売日:2019年4月26日(金)
ページ数:400ページ
判型:四六判
◆書籍の詳細:https://book.impress.co.jp/books/1117101127

■著者プロフィール

谷上史朗(たにがみ・しろう)

1969年生まれ。大阪府出身。高校時代を長崎で過ごした元球児。県立長崎東高校時代は頼りない外野手だったが仲間に恵まれ3年夏に長崎大会準優勝。イベント会社勤務から30歳で脱サラしライターに。『野球太郎』『ホームラン』(以上、廣済堂出版)、web Sportiva(集英社)などに寄稿。著書に『マー君と7つの白球物語』(ぱる出版)、『崖っぷちからの甲子園―大阪偕星高の熱血ボスと個性派球児の格闘の日々』(ベースボール・マガジン社)。共著に『異能の球人』(日刊スポーツ出版社)ほか多数。阪急ブレーブスと沢田研二をこよなく愛し続ける物憂げ系。今の高校野球界を引っ張る"西谷世代"でもある。

高嶋仁(たかしま・ひとし)

1946年5月30日生まれ。長崎県出身。海星(長崎)では外野手として夏の甲子園に2回出場。日本体育大学卒業後、70年に智辯学園(奈良)のコーチに就任。72年から同校監督。80年から智辯和歌山の監督に就くと、春1回、夏2回の甲子園優勝を果たす。甲子園出場38回、甲子園通算68勝はいずれも歴代最多。2018年夏限りで監督を勇退し、同校および智辯学園の名誉監督に就任。主な教え子に中日・岡田俊哉、日本ハム・西川遥輝ら。

以上

本件に関するお問合せ先

株式会社インプレス 広報担当:丸山
TEL:03-6837-5034

このリリースのダウンロード[PDF]: 20190426-01.pdf