お知らせ・ニュースリリース

シェア このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
  • ニュースリリース
  • 出版/電子出版

SNSで流行中の多彩な色合いの風景写真の撮影テクニックを解説 「色と構図で風景をアートに変える 四季の風景写真術」2月15日発売 発売後1ヶ月間の早期購入で特製カレンダー(PDF版)もプレゼント

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、SNSで流行中の多彩な色合いの風景写真の撮り方を解説する書籍『色と構図で風景をアートに変える 四季の風景写真術』を2019年2月15日(金)に発売します。また、本書の発売を記念して2019年3月15日までにご購入いただきました方限定にて、本書に掲載している作品で作った「特製カレンダー(PDF版)」をプレゼントする、早期購入キャンペーンを実施します。

色と構図で風景をアートに変える 四季の風景写真術

■SNSで絶大な人気を誇る写真家8人による四季の風景の撮り方を解説

InstagramやTwitter、Facebookなどを中心に、SNSに写真を投稿する人は年々増えています。毎日のように投稿される多くの写真の中から、「これはすごい!」と思うような、見る人を魅了させる写真に出会うことがあります。そのような写真はどのようにして生み出されるのでしょうか。

本書は、人気フォトグラファー8人が、InstagramやTwitterなどのSNSにアップして、多くの人の共感を得た「いま流行りの多彩な四季の風景写真」の撮り方を解説した、「こんな写真が撮れるのか!」シリーズ最新作です。「こんな写真が撮れるのか!」シリーズは、2015年発売の『何気ない風景をダイナミックに変える 絶景写真術』からスタートして、本書で第7弾となる大人気企画です。SNSには「この写真すごい! どうやって撮ったんだろう?」と思う写真がたくさん投稿されています。本書を読めばその写真の舞台裏がすべてわかります。

◇本書に登場する8人のフォトグラファーたち

柄木孝志:15年前に鳥取県へ移住。本格的に風景写真の撮影、地域活性化のコーディネーター業務に取り組む。地元大山や鳥取砂丘などの写真で知名度が上がり、近年はJR西日本の広報媒体なども広く担当。東京カメラ部10選2013。

斎藤朱門:2013年アメリカ カリフォルニア州にて、ランドスケープ・フォトグラファーとの出会いをきっかけに、カメラを手に取り活動を始める。その時見て感じた瞬間をそのまま伝えたい......その想いから、精力的に自然を撮り続けている。

橋向 真:静岡県静岡市生まれ。富士山の変幻夢幻な魅力に取りつかれ、休日は日夜撮影に励む。東京カメラ部10選2016。

福田 悟:神奈川県在住。建築の設計関連が本職の一級建築士。昔、絵を描いていた経験から構図や光の情景にこだわり、自分のイメージの色を追求するRAW現像を目指している。東京カメラ部10選2012。

別所隆弘:フォトグラファー/文学研究者。National Geographic社主催の「NaturePhotographer of the Year」"Aerials"2位など、国内外の写真賞多数受賞。滋賀、京都を中心に"Around The Lake"というテーマで撮影。東京カメラ部10選2014。

眞鍋久徳:兵庫県生まれ。本業は金属研究者。被写体と向き合ったときのインスピレーションを重視し、見たことのない1枚、見た人が感動し訪れたくなる1枚をテーマとして活動している。東京カメラ部10選2017。

八木千賀子:BS朝日「キヤノン プレゼンツ The Photographers 3 」で取り上げられ、風景写真家として歩み始めた。伊豆諸島を中心に光を意識した作品を撮影している。写真家の辰野清氏、栄馬智太郎氏に師事。東京カメラ部10選2013。

You Iwata:関西在住。日本全国の美しい景色を撮り続けている。中でも京都の四季折々の自然美を定点撮影しライフワークに、風景並びに着物ポートレートを中心とした作品を発表している。

■"いまどき"風景写真に重要な「色」と「構図」の撮影ポイントを徹底解説

本書では美しく整った色合いや構図で撮影した風景写真だけでなく、SNSで人気の「高彩度」「低彩度」といったアーティスティックな色の風景写真の撮り方を解説。写真は「春夏秋冬」で分けながら、「色」と「構図」を軸に四季を撮るためのポイントを紹介しています。各写真家が執筆したコラムも収録しているので読み応えのある1冊になっています。

色と構図で風景をアートに変える 四季の風景写真術色と構図で風景をアートに変える 四季の風景写真術

ページイメージ

■発売後1ヶ月間の早期購入者を対象に特製カレンダー(PDF版)をプレゼント!

2019年3月15日(金)までに書店またはオンライン書店にて早期ご購入いただきました方を対象に、特製カレンダー(PDF版)の無料ダウンロード権をプレゼントします。書籍に掲載している作品を使用した、本キャンペーンでしか手に入らない特製カレンダーのPDFファイルをダウンロードできます。

色と構図で風景をアートに変える 四季の風景写真術

■書籍情報

色と構図で風景をアートに変える 四季の風景写真術書名:『色と構図で風景をアートに変える 四季の風景写真術』
著者:柄木孝志、斎藤朱門、橋向 真、福田 悟、別所隆弘、眞鍋久徳、八木千賀子、You Iwata
発売日:2019年2月15日(金)
仕様:B5判/カラー/128ページ
価格:本体1,680円+税
電子版価格:1,680円+税 ※インプレス直販参考価格
ISBN:978-4-295-00568-1
◆書籍の詳細:https://book.impress.co.jp/books/1118101030

■目次

風景をアーティスティックに変える12のメソッド
彩度の選択で風景をアートに変える
構図の新たな発見で風景をアートに変える
光を読み取り風景をアートに変える
RAW現像で風景をアートに変える.....ほか

Chapter1 春の風景写真
富士山と満開の桜は周到な準備の上できれいに撮る
風が比較的少ない早朝を狙うことで静寂な湖面を撮影する
WBをやや寒色に設定して夕日を浴びたポピーの赤を際立たせる.....ほか
Column1 斎藤朱門 Photoshopを活用した写真ブレンディング術

Chapter2 夏の風景写真
目の前に広がる色とりどりの花火をダイナミックに捉える
PLフィルターと「かすみの除去」で鮮やかな虹の色を表現
朝靄に咲くアジサイに朝日が射し込む情景をフィルターを使って撮影.....ほか
Column2 柄木孝志 経験を積み重ねて奇跡の1枚を撮影する

Chapter3 秋の風景写真
朝の光を斜めに透過させ紅葉の鮮やかさを強調する
静けさのある秋の配色と朝霧の動きを合わせた神秘的な1枚
色温度や影を活用して自分が表現したい「あかさ」を作る.....ほか
Column3 福田 悟 風景写真の撮影時に気をつけたい3つのマナー

Chapter4 冬の風景写真
均質な木々のパターン化で白のグラデーションをより印象づける
半月の夜に現れる満天の星と木の影を超広角レンズでおさめる
白い雪に暖色を加えて寒い雪景色の写真をぐっと引き締める.....ほか
Column4 橋向 真 無限の表情を見せる富士山写真の魅力と苦労

以上

本件に関するお問合せ先

株式会社インプレス 広報担当:丸山
TEL:03-6837-5034

このリリースのダウンロード[PDF]: 20190215-02.pdf