お知らせ・ニュースリリース

シェア このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
  • ニュースリリース
  • 出版/電子出版

7,000人以上の入門者さんの写真がみるみる変わった、みんながハッとする「かんたんテク」が満載!『カメラ1年生 デジタル一眼カメラ編』9月21日発売

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、人気写真教室「たのしいカメラ学校」による、カメラ入門者向け書籍『カメラ1年生 デジタル一眼カメラ編』を2018年9月21日(金)に発売いたしました。

カメラ1年生 デジタル一眼カメラ編

■写真投稿SNSの影響でミラーレス一眼が人気! しかし、いざ使おうとすると「カメラって難しい」と感じて苦手意識を持ってしまう人も

写真投稿SNS「インスタグラム」とスマートフォンの普及により、「写真映え」が日常の中に入り込みました。最近は、スマートフォンカメラよりももう少しいい写真が撮りたいという理由から、デジタル一眼カメラ、とくにミラーレス一眼を購入する人も多くいます。現在、カメラ市場では、2017年は7年ぶりにデジカメ出荷台数が前年を上回りました。また、2018年上半期のレンズ交換式デジカメの国内出荷台数では、ミラーレス一眼が初めてトップに立ちました1。 しかし、デジタル一眼カメラは、いざ使おうとすると「機能や操作がわからない」「撮りたい写真を撮るためにどうすればいいかわからない」などの疑問がつきもので、そのままカメラに苦手意識を持ってしまう人もいます。そこで本書では、累計7000人以上の生徒に写真を教えてきた人気写真教室「たのしいカメラ学校」の矢島直美氏が、教室の生徒たちの最初の"気づき"や"お悩み"をもとに、カメラ入門者が本当に必要とする、最短ルートでステキに撮れるコツを紹介しています。 

1カメラ映像機器工業会(CIPA)の統計資料より

■会話形式で、ステキな写真を撮るための「かんたんテク」が学べる!

本書は、著者の矢島直美氏と生徒ニャーさんの会話形式で学べるようになっているため、カメラに苦手意識がある人でも楽しみながら読み進めやすくなっています。巻頭では最低限覚えておきたいカメラ機能や設定を解説しており、入門者も安心して読むことができます。また、各章では、憧れのボケ味写真の撮り方や、ステキな光の取り入れ方、iPhoneを使った補正テクニックなど、すぐにできるかんたんテクニックを紹介しています。この一冊で、ステキな写真を撮るための「カメラの使い方・撮影・補正」の基本を身に付けることができます。

カメラ1年生 デジタル一眼カメラ編

登場人物は、やじま(矢島直美)先生と、初心者代表の生徒ニャーさん

■誌面イメージ

カメラ1年生 デジタル一眼カメラ編カメラ1年生 デジタル一眼カメラ編カメラ1年生 デジタル一眼カメラ編カメラ1年生 デジタル一眼カメラ編

カメラ1年生 デジタル一眼カメラ編

章ごとに、先生とニャーさんによる4コマも楽しむことができます

■目次

基礎のキソを知りたい!カメラ選びと設定編
第1章 ピント合わせにはちょっとしたコツがあるんです
第2章 明るい自然光で撮ろう!
第3章 ぜったい習得したいボケ味
第4章 撮りたいものにぐっと近寄るだけ!
第5章 できるだけシンプルに!
第6章 写真の総仕上げ! スマホでカンタン写真補正♪
第7章 みんなのお悩み&真似したいテクニック集

■書誌情報

カメラ1年生 デジタル一眼カメラ編書名:カメラ1年生 デジタル一眼カメラ編(たのしいカメラ学校の教科書)
著者:矢島直美
発売日:2018年9月21日(金)
ページ数:144ページ(オールカラー)
サイズ:A5変形判(幅152mm×天地210mm)
価格:本体1,300円+税
電子版価格:1,300円+税 ※インプレス直販価格
◇書誌情報:https://book.impress.co.jp/books/1118101016
◇書影ダウンロード: https://www.impress.co.jp/pr/img/9784295004738.jpg

■著者プロフィール

矢島直美/たのしいカメラ学校

株式会社エチカ代表。株式会社第一プログレス在職中に雑誌『カメラ日和』を企画(2004年創刊)。カメラと写真にまつわる面白さを等身大に伝える雑誌として、女性を中心に好評を博す。2008年より編集長に就任し、同年に写真教室「カメラ日和学校」開校。2015年に独立。カメラ・写真の魅力を伝えるべく、暮らしにまつわるさまざまな媒体の編集を行い、また企業広告等の企画・撮影も手掛けるなど活動の幅を広げる。2016年に広く一般向けの新しい写真教室「たのしいカメラ学校」をスタート。カメラの使い方・撮り方の基本から写真を使ったものづくりの講座まで多様な講座を行い、東京を中心に日本全国で講座を開催。その他企業・自治体向けのカメラ研修のほか、渋谷にある角田美容専門学校の撮影講座の講師を務め、写真教室の受講生は延べ7,000人を超える(2018年現在)

以上

本件に関するお問合せ先

株式会社インプレス 広報担当:丸山
TEL:03-6837-5034

このリリースのダウンロード[PDF]: 20180921-01.pdf