お知らせ・ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
  • ニュースリリース
  • 出版/電子出版

カルビーの松本晃氏、DeNAの南場智子氏など6社の社長の"まわり"で働く、 13人のエースたちの仕事術を紹介した書籍を11月10日に発売

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、ビジネスパーソンを対象にした書籍『社長の「まわり」の仕事術(しごとのわ)』を2017年11月10日(金)に発売します。

社長の「まわり」の仕事術(しごとのわ)

■社長本では読めない「現場のリアル」が満載!

「増収増益を達成し続ける」「強いリーダーシップを発揮している」など、日本には優れた経営者がたくさんいます。こうした経営者の傍らには、多くの場合、"社長のまわりのできる人たち"がいるものです。彼らは、社長のちょっとした言動からでもその思いを素早く感知し、スピード感をもってアクションを起こすことで、経営者のビジョンを形にしているのです。

本書には、トップから「フルグラの売上高を30億円から100億円にして!」(カルビー)や「宮﨑あおいさんを起用してCMを作る!」(ストライプインターナショナル)など、傍からはいっけん"ムチャ振り"とも思える指示を受け、その実現に奮闘する多くの"社長のまわりの人たち"が登場しています。社長に焦点を当てたビジネス書は数多くありますが、ビジネスを考察するにあたり、こうした"社長のまわりの人たち"の仕事への向き合い方や人となりに着目しているのが本書の特徴です。

経営者が特に重要視する事業を最前線で支える彼らの考え方や行動規範には、一般のビジネスパーソンにとっても参考になる貴重なノウハウが詰まっています。

累計40万部を突破した『プロ論』を執筆した上阪徹氏が、いま注目を集めている6人の経営者の「まわり」で活躍する13人への取材をもとに書下ろした、現場の本音やリアルが詰まったビジネス書です。

■まわりで働く人から語られる、社長のビジョンとリーダーシップ

本書は、事業責任者、海外担当、社長室スタッフ、広報担当者、CSR担当者、商品開発担当者、デザイナー、システム責任者、創業スタッフなど、社長のすぐそばで働く人たちを取り上げています。
そこからは、いつも身近にいる人だけにしか語れない社長の姿も見えてきます。

一人ひとり仕事の進め方や考え方は異なりますが、彼らはいかに社長とコミュニケーションをとり、支え、時に社長を上手に利用しているかが分かります。同時に、社長が部下とどう接し、迅速な意思決定を行っていくかも見えてきて、経営者の問題意識や仕事に対する思いも学べます。

社長の身近で働いている人はもちろん、部下のマネージメントやコミュニケーションに課題意識のある経営者や上司にも多くの気づきがある1冊です。

<本書で紹介する6人の経営者と、13人の"社長のまわり"の人たち>

■書誌情報

社長の「まわり」の仕事術(しごとのわ)書名:社長の「まわり」の仕事術(しごとのわ)
著者:上阪徹
発売日:2017年11月10日(金)
ページ数:256ページ
サイズ:四六判
価格:本体1,600円+税
電子版価格:1,440円+税 ※11月末発売 ※インプレス直販価格
◇書籍情報ページ:https://book.impress.co.jp/books/1117101051
◇書影ダウンロード:https://dekiru.net/press/500261.jpg

■目次

はじめに
第1章 カルビー松本晃(代表取締役会長兼CEO)のまわり
第2章 DeNA南場智子(代表取締役会長)のまわり
第3章 ストライプインターナショナル石川康晴(代表取締役社長)のまわり
第4章 隈研吾建築都市設計事務所隈研吾(主宰)のまわり
第5章 中川政七商店中川政七(代表取締役社長)のまわり
第6章 サニーサイドアップ次原悦子(代表取締役社長)のまわり
おわりに

■著者プロフィール

上阪 徹(うえさか・とおる)
1966年兵庫県生まれ。早稲田大学商学部卒。ワールド、リクルート・グループなどを経て、94年よりフリーランスとして独立。経営、金融、ベンチャー、就職などをテーマに雑誌や書籍、webメディアなどで幅広く執筆やインタビューを手がける。これまでの取材人数は3000人超。著書に『書いて生きていくプロ文章論』(ミシマ社)、『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』(あさ出版)、『職業、ブックライター。』(講談社)、『成功者3000人の言葉』(飛鳥新社)、『リブセンス〈生きる意味〉』(日経BP社)、『10倍速く書ける超スピード文章術』(ダイヤモンド社)など多数。
インタビュー集に、累計40万部を超えるベストセラーとなった『プロ論。』(徳間書店)シリーズなど。
公式ホームページ http://www.uesakatoru.com

◆しごとのわレーベルとは

仕事について考えるとき、成果や時間、お金を意識することがあっても、輪を意識することは少ないのではないでしょうか。小さい輪でも大きな輪でも構いません。 会社や家庭、地域、過去と未来、わたしとあなた。切り離さなければ、輪はできます。仕事を考えるときそんな輪を大切にしたいという想いからミシマ社とインプレスの2つの出版社で起ち上げたレーベルです。

◆株式会社ミシマ社について http://mishimasha.com/
2006年10月に東京・自由が丘に三島邦弘氏が創業したほがらかな出版社。今年で創業11周年を迎え、現在は9名のメンバーとともに「原点回帰」を標榜した出版活動を行っています。一冊入魂の出版活動に全国の書店員に支持者が多く、京都市内にもオフィス兼「ミシマ社の本屋さん」(毎週金曜日のみ開店)を運営しています。

以上

本件に関するお問合せ先

株式会社インプレス 広報担当:丸山
TEL:03-6837-5034

このリリースのダウンロード[PDF]: 20171108-01.pdf