お知らせ・ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
  • ニュースリリース
  • 出版/電子出版

女子プロレスラー里村明衣子氏の初エッセイをAmazonで予約すると 2大特典がもらえる予約キャンペーンを10月25日より開始

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、女子プロレスラー里村明衣子氏の初エッセイ『「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ)』のAmazon予約キャンペーンを10月25日より開始いたします。

女子プロレスラー里村明衣子氏の初エッセイ『「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ)』

■初エッセイの発売を記念し、Amazonで予約した人限定に2大特典を提供

女子プロレスラーである里村明衣子氏の初の書籍を11月17日に発売します。書籍の発売に先駆けて、本日より11月24日までAmazon予約キャンペーンを実施します。キャンペーンにお申込みいただいた方々には、無料でもれなく、当キャンペーンでしか入手できない特典を提供します。

【特典1】第1章を先行して読める! 先読み電子版(PDF)
【特典2】里村明衣子氏の「かっこいい」スマホ壁紙

キャンペーンへの参加方法は、下記ページのお申込みフォームで必要事項を記入いただくだけです。
◇Amazon予約キャンペーン特設ページ:
https://book.impress.co.jp/readers_entry/9784295002284yoyaku.html

■かっこいい女性から、報われないときの立ち上がり方を学ぶ

現役プロレスラーであり、センダイガールズプロレスリングの代表取締役を務める里村明衣子氏。
15歳からプロレスの世界に入り20年以上。1994年に入団したときが女子プロ人気のピークであり、その後、数々のタイトルで王者になりましたが、同時に女子プロ人気は下火になっていきました。職を失う、ケガ、経営不振、東日本大震災など、まったく順風満帆ではない道のりですが、それでも里村明衣子氏は、プロレスラーという職業を続けていきます。そのまっすぐな姿勢は、多くの女性たちから「かっこいい」と支持されています。

本書は、20~40代の女性に向けて、「頑張っても報われないとき、どう超えていくのか」と自身の経験を元に書き下ろしています。

■書誌情報

書名:「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ)
著者:里村明衣子
発売日:2017年11月17日(金)
ページ数:184ページ
サイズ:四六判
価格:本体1,500円+税
電子版価格:1,350円+税 ※11月発売予定 ※インプレス直販価格

◇書誌情報:https://book.impress.co.jp/books/1117101045
◇Amazonの書籍情報ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/4295002283

■著者プロフィール

女子プロレスラー里村明衣子氏の初エッセイ『「かっこいい」の鍛え方 女子プロレスラー里村の報われない22年の日々(しごとのわ)』里村明衣子(さとむらめいこ)
プロレスラー。
センダイガールズプロレスリング代表取締役。
1979年新潟生まれ。小さな頃から自立心が強く、「中学を出たら家を出たい」と思い過ごす。小さな頃から姉に連れられて柔道をならい、県大会優勝の腕前に。姉と一緒に見に行った新日本プロレスの試合に衝撃を受け、プロレスラーを志す。中卒とともに、女子プロレス界のカリスマ・長与千種が設立した団体「GAIA JAPAN」に入門。朝8時から夜中まで練習漬けという日々を過ごす。また、長与の付き人として7年間しごきを受ける。当時最年少の15歳でプロデビュー。北斗晶、神取忍、アジャコングらスター選手にも勝ち、22歳でチャンピオンに。2005年、GAIA JAPANが解散。「みちのくプロレス」で当時社長をしていた新崎人生に声をかけられ、仙台にて女子プロレス団体「センダイガールズプロレスリング」を発足。2011年の震災を機に、選手兼コーチ兼社長になる。仙台では絶大な認知度を誇り、講演で訪れる小学校の8割の生徒が知っているほど。ボディビルダーの選手として大会にも出場している。

■目次

以上

本件に関するお問合せ先

株式会社インプレス 広報担当:丸山
TEL:03-6837-5034

このリリースのダウンロード[PDF]: 20171025-01.pdf