お知らせ・ニュースリリース

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
  • ニュースリリース
  • 出版/電子出版

難しい花火撮影のコツがわかる! ドラマチックな花火写真が撮れる! 『夜の絶景写真 花火編』を7月14日に発売

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、ドラマチックな花火写真が撮れるようになる解説書『夜の絶景写真 花火編』を2017年7月14日(金)に発売いたします。

夜の絶景写真 花火編

■困難な花火撮影を基本から丁寧に解説

夏の風物詩である花火。7月に入ると全国各地で花火大会が開催されます。花火大会ではカメラを手に花火を撮影する人もいますが、花火の撮影は難しく失敗することが多くあります。花火は日常的な被写体ではないため事前に練習することが難しく、また大会ごとに花火の種類が異なることが、撮影の難易度を高めている一因です。

本書は、そのような困難な花火の撮影をわかりやすく解説し、失敗しない花火撮影を実現するものです。花火撮影の基本と応用から撮影後のレタッチ方法、撮影のスポットガイドまで、花火撮影の第一人者である泉谷玄作氏が丁寧に解説します。

撮影前のシミュレーションや撮影に必要な道具の紹介、構図アイディア、花火の種類とそれに応じたカメラの設定まで細かく解説。スポットガイドでは著者が厳選した全国の花火大会と、会場で花火を撮影するのに適した場所を地図付きで紹介します。花火撮影の難しさに困っている写真愛好家はもちろん、これから花火撮影を始める初心者にもわかりやすい内容です。

また、著者がこれまでに撮影した花火写真のギャラリーも掲載。美しい写真を堪能できるだけでなく、撮影した花火大会やカメラの設定も記載しているので、自身が撮影する際の参考にもなります。

夜の絶景写真 花火編夜の絶景写真 花火編

■ミニコラムでスマートフォンでの撮影方法も解説

本書は一眼レフでの本格的な撮影を解説するものですが、ミニコラムではスマートフォンで花火を撮影する方法も解説。マニュアルモードで細かく設定する方法のほか、アプリを活用した撮影方法などを紹介します。

■書籍の詳細

夜の絶景写真 花火編書名:『夜の絶景写真 花火編』
著者: 泉谷 玄作
発売日:2017年7月14日(金)
仕様:B5変形判/160ページ
価格: 2,000円+税
詳細URL:http://book.impress.co.jp/books/1117101011

■著者プロフィール

泉谷玄作(いずみや・げんさく)
1959年秋田県生まれ。花火の撮影をライフワークとする。現代美術作家、蔡國強(Cai Guo-Qiang)氏の依頼で、2002年MoMA(ニューヨーク近代美術館)主催の「動く虹」の花火や、2003年ニューヨークセントラルパーク150周年記念の「空の光輪」の花火などを撮影。著書に『心の惑星-光の国の物語』(クレオ)、『日本列島?四季の花火百華』(日本カメラ社)、『静岡県ふくろい遠州の花火』(日本カメラ社)、『花火の図鑑』(ポプラ社)、『花火の大図鑑』日本煙火協会/監修(PHP研究所)、『日本の花火はなぜ世界一なのか?』(講談社+α新書)など、花火に関するもの多数。日本写真家協会会員。

以上

本件に関するお問合せ先

株式会社インプレス 広報担当:丸山
TEL:03-6837-5034

このリリースのダウンロード[PDF]: 20170714-01.pdf